ミヤマカミキリ / Neocerambyx raddei Blessig,1872

2018年7月 山梨県

体長は 32~57㎜
5月から8月に見られ分布は北海道、本州、佐渡、隠岐、四国、九州、壱岐、対馬;アジア極東地域、寄主植物は各種広葉樹林の生木でブナ科を好みます。

小学生の頃、自宅近くの神社の街灯に来たものが初採集です。
もちろん、夏の昆虫標本箱にはカブトムシと今思うとギネス級のヒラタクワガタの隣に鎮座していたと思います。
明かりに集まるイメージが強かったのですが、オオアオカミキリの撮影の際、副産物として撮る事ができました。
以前、最寄り駅の街頭にやってきたミヤマカミキリを見て「エビがいる・・・」と大声でさけび、さらに「気持ち悪い~」と叫んだ大学生がおりました。
まったく、失礼な話です。自宅へ帰るところでしたので、確保の上、途中のクヌギ林へ放ちました。
ミヤマカミキリ族は、南へ向かうほど珍品が増えていきます。