ネジロカミキリ Pogonocherus (Eupogonocherus) seminiveus Bates, 1873

2018年5月 山梨県 以下同じ
木のコブに擬態する姿勢かもしれません
一見すると鳥の糞に見えます。

体長 6~8㎜。

ネジロカミキリ属は日本に2種。そのうちの1種

成虫は4月から10月まで見る事ができ、寄生植物は、タラノキ、ヤツデ、センノキ、ブナ、ミズナラ、クリ、ニレ類 
分布は北海道から九州、対馬まで

最近ではタラノキでよく見られるようで、「普通種」扱いですが、それ以外では、個人的な珍品と思っています。実はタラノキで散々探したのですが、見つからなかったのですけれど・・・
標高2000メートルまで見る事ができるそうですが、写真は、標高1400メートル地点です。

写真でみるように、森の中で目視で見つけるのは、ある意味、奇跡的に見つかるような感じで、見つかったときは嬉しかったです・・ただし、それ以降、同じ場所で探しても見つかりません。