アカネカミキリ Poecillium maaki viarium (Danilevsky, 1988)

体長 6~9㎜ 5月から6月、山地では7月にみる事ができます。

いわゆる普通種といわれますが、ノブドウやサルナシの枯蔓を探し、見つかれば何頭も運動会しているから、「沢山いる」と思うようですが、個人的には、何処にでもいるような感じは受けません。

普通種のせいか、軽んじられているようですが、なかなか美しいカミキリムシで、これが珍しいとなれば、大変なことになりそうな予感です。

よくある話ですが、珍品は、場合によっては標本箱1つ集める事があっても、アカネカミキリを、1箱集める方は居ないと思います。大概、ワンペアで後はタトウの中・・・

寄生植物は、ブドウ類、サルナシ、フジ
北海道、本州、佐渡、四国、九州、対馬見る事ができます。