「ロートルの日々」の記事一覧

骨を折る

生まれて初めて上腕の骨を折りました。 粉砕骨折という事で、12月に手術、今は、骨の中に長い金属の棒が入って、それをボルト7本で留めています。 手術後には、ホッチキスで30程、留められており、外す際、1個、2個までは余り痛・・・

月下独酌かな

物心ついた時は、風呂はいわゆる五右衛門風呂で、夕方になると、近くの神社へ当時、家で飼っていた雑種の犬「ナーチ」と一緒に薪を拾いに行きました。椎の巨木が生い茂る神社でしたが、今はその面影はありません。秋になると椎の実を拾っ・・・

諦めの夏

9月なんだから当たり前だろう・・・と言われると困ってしまいますが、中秋の名月も八王子の空からは愛でる事はできませんでした。天気が悪いのです。 ロートルにも、ささやかな趣味があります。平凡で、よく耳にする趣味ですが、ハイキ・・・

国会議員の二重国籍

基本、ロートルは、ニューロストゼネレーションに位置し、大騒ぎした団塊の世代の次の世代です。おかげで、高校時代は私服で通学できました。 世代的にノンポリでいようと思っているのですが、八王子の国際協会で相談を行ってる立場から・・・

3月は普通の月

  いつの頃からか、3月も他の月と同じように、「3月」となりました。 学生だった頃は3月は卒業や入学、何もなくても、クラス替え・・など、何かと多感な青少年にとっては感じる事が多く、3月は特別な気持ちがありました・・・

問題は意欲かもしれない。

問題は意欲かもしれない。 ・・と聞けば、このブログというか、この事務所大丈夫?となるので、ロートルとしても、心配になりますが、最近、しみじみ思うようになりました。 たとえば、仕事であれ、趣味であれ、頑張っている人に対し、・・・

年末年始と年賀状

年賀状くらい・・・と言う気持ちもあって、少ないながらも友人、知人などこれまでお世話になったお客様ふくめ、もちろん、身内へも年賀状を出します。 年末のやたら忙しい時期に・・・正確には、気持ち的にせわしない・・・でしょうか・・・・

言葉のニュアンスは難しい

ブログのカテゴリーで「ロートルの日々」というものがありますが、夏が来てから(7月以降)、全く更新していない事に、押し迫った大晦日の今、気づきました。形ばかりとなりますが、夕飯前に更新します。 ロートルの生活なんて、どうで・・・

夏が来た

梅雨明けを迎えると、同時に猛暑の季節がやって来ます。 30代前半くらいまでは、「夏だ!・・」・・・暑いけれど、なんとなく、夏自体が持っているエネルギーも一緒に貰ったような気分になったものですが・・もちろん夏の楽しい予定も・・・

気まぐれ仔牛

広い広い野原があった そこに一匹の仔牛がやってきた 仔牛は、気まぐれにくねくね曲がりながら、その野原を歩いて行った 翌日、ウサギがやってきて、草が踏まれた跡をピョンピョン跳びはねて楽しく通っていった その翌日は狐がやって・・・

サブコンテンツ

ソーシャル

このページの先頭へ