先月の末にキンドルで出版されました親友の本です。

遅延ながら、拾遺愚草全釈について五巻完結しましたのでご紹介します。

やまと歌eブックス(新刊)

私自身、親友の本のおかげで読む事ができたと思うし、そうでなければ、なかなか手にとってはいないと思います。

定家の名前は多くの人が知っていても、その中身となれば、学校で習う以上の事は・・??が実態ではないでしょうか。

偉そうな事を言える柄ではありませんが、読むと、悪くない・・いいね・・となります。

日本人の心かなと思ったりもします。

でも・・それは、貴族の話で、庶民とは違う・・

なんて、声が聞こえそうですが、今もそうであるように、貴賤という概念の貴の人が、庶民を理解しないかと言えば、それは人による・・・

わけだし、貴賤という概念の賤の人が、理解しているかと言えば、そうとは言えません。

もちろん、中身を読めば、そういった考え自体、無知であったと反省する内容ですが。

そもそも、歌に詠まれる様々な事象の根幹には、人としての営み、季節、そして自然があるわけで、それはある意味、万人平等のもので、それを、どう汲み取るか・・

ではないでしょうか。

そんな事より、一度、手にとってご覧戴ければと思います。

これまで発行されたものについては やまと歌eブックス(既刊) をご覧ください。

 

著者について

やまと歌eブックス

アマゾンで読める著者の本

著者のサイト→ やまと歌  やまと歌・Blog