ルリハナカミキリ / Anoplodera (Anoploderomorpha) cyanea (Gebler, 1832)

2019年8月 静岡県
2019年7月 山梨県

体長 10.7~17.3㎜
6月から8月にみることができます。
寄主植物はミズナラ。分布は、北海道、本州、四国、九州;千島列島、旧北区

屋外では少ないそうですが、幸いイケマの花で見つける事ができました。
余談ながら、イケマは毒性があり 学名のCynanchum とは、「犬を殺すもの」という意味であり、毒性によって犬を殺すことができるところから、この名前がついたそうです。とはいえ、アサギマダラの食草でもあります。

綺麗な光沢を備えるものの、写真で撮す場合、光の関係から、真っ黒になってしまうので’(上から3枚目の写真)、イケマの花はラッキーでした。真上~目線で撮る事が可能でした。