ヨツキボシカミキリ / Epiglenea comes comes Bates,1884

2020年 6月 東京都

体長 8~11㎜ 北海道・本州・四国・九州に分布
寄生植物:主にヌルデ、ヤマウルシ、各種広葉樹
5~7月にみられます。

ヨツボシカミキリ属として1種のみ知られ、基亜種の他に2亜種が台湾とミャンマーに分布します。

個人的な経験からは、山にはおらず、平地専門のカミキリムシのイメージです。近所の公園でも見る事ができ、2020年の自粛期間にピッタリの被写体です。