ミヤマドウボソカミキリ / Pseudocalamobius montanus Hayashi, 1959

2021年 長野県

体長 10.0~13.8㎜ 本州、四国、九州に分布し、5~7月に見られます。
寄主植物はコマガタケスグリ(ユキノシタ科)、ツルウメモドキ(ニシキギ科)

ドウボソカミキリ属 Genus Pseudocalamobius Kraatz,1879
30種ほどが知られる。日本では4種が生息し、本州・四国・九州に2種。対馬に1種。南西諸島に1種。