ミヤマチビコブカミキリ / Miccolamia Isomiccolamia glabricula glabricula Bates,1884

2017年11月3日 山梨県

体長は 平均 4.68mm(雄) 平均 4.61mm(雌)
5月から10月に見られ、寄主植物はブナ、ミズナラ、オオシラビソ、トドマツ。
北海道、本州、四国、千島列島、サハリンに分布します。

ミヤマチビコブカミキリは他に、佐渡のサドミヤマチビコブカミキリと、屋久島のヤクチビコブカミキリがありますが、この2種との出会いには期待できそうにありません。

とても小さい・・・幸い、奇跡的に同行者がルッキングで見つけました。
次、いつ会えるか分かりませんが、次回には差し替え用の写真が撮れるよう、精進したいと思います。
5ミリを下回るカミキリムシについては、何らかの対策が必要と改めて思いました。