ホンドアオバホソハナカミキリ / Strangalomorpha tenuis aenescens Bates, 1884


2017年6月3日 山梨県
体長は10~15ミリ
4月から8月にみることができ、寄生植物は各種広葉樹
本州から九州に分布します。
アオバホソハナカミキリには「本土」が付くものと付かないものがあり(2亜種に分かれ)、付かないものの分布は、対馬と樺太です。
対馬と樺太は、かなり環境が違うでしょうし、かなり特殊に思えてなりません。アオバホソハナカミキリの寄生植物が未知というのも面白いです。大陸系・・と言うことで片付けるのは、なんとなく、もったいないように思いますし・・
おそらく、小生が無知なだけで、きっと、何処かでその辺りの事、記載されているのでしょうね・・

よく花で見かける普通種ですが、せっかくなので、「青葉」らしい写真を選びました。