ブロイニングカミキリ / Saperda (Saperda) ohbayashii Podaný, 1963

2018年6月 山梨県

体長 8~11mm
本州(ヤブツバキ帯上部-ブナ帯)、四国、九州に分布。
5~7月に見ることができます。
寄主植物はサワグルミ、オニグルミ、ヤシャブシ、ハンノキ、マンサクなど。

「ブロイング」の名前はフトカミキリ亜科の世界的権威、ステファン・フォン・ブロイニング博士に献名したものです。

葉を後食する場面を押さえたら差し替えたいところです。風景とは程遠いので・・
カミキリムシとの出会いで面白いのは、想定外の場所で見つける場合が意外に多いことです。結局、花とか食草とか寄生樹木とか探す事も大事ですが、目が届く範囲(林床も含め)、全てを見たほうが、いろんな虫に出会えるように思います。足元で見つけ、あわてて、撮ったもの。林床のせいかダニも目につきます。
もっとも、カミキリには、長くやっていると、いつの間にか持っているカミキリと、有名な産地など狙うものがありますが、これは、「長くやっていると」いつの間にか持っているカミキリに思えます。個人的には珍しいのですが・・