フタコブルリハナカミキリ / Stenocorus (Eotoxotus) caeruleipennis Bates, 1873

2019年8月 長野県

体長は17~25ミリ
5月から8月にみることができ、寄生植物はミズキ、ヤマボウシです。花で、よく見かけます。
樺太、北海道から九州まで分布します。

上翅が青藍色~青緑色で鈍い金属光沢があり、綺麗な上、マッチョな、イメージを受ける、なかなか、良いカミキリムシです。

30年以上前、神奈川県の某有名採集地まで出かけて1日かけて、1頭採集した事があります。それでも九州出身の自分は、感動した記憶があります。その後、どうやらとても縁のあるカミキリムシのようで、シーズン中は、何処に行っても、見る事ができますが、見る度に嬉しくなるカミキリムシです。