ヒメスギカミキリ Callidiellum rufipenne (Motschulsky,1860)

2018年4月 東京都(裏高尾)
2018年4月 山梨県

体長 7-12mm
成虫は3月から7月にみる事ができます。

寄生植物:スギ、ヒノキ、モミ
分布は北海道、奥尻島、本州、伊豆諸島、佐渡、隠岐、四国、九州、壱岐、対馬、
種子島、屋久島、トカラ列島、奄美諸島、沖縄諸島;樺太、朝鮮半島

新しい伐採木に多くあつまります。特に春先のスギの伐採木でよく見かけますが、伐採木が存在しない(人の手が入らない環境)場合は、それなりの珍品になると想像します。

色彩の変異が大きく個人的には写真のタイプの色が好きです。ところで、裏高尾で撮影した際、ネットを持った方が「何を撮っているのですか?」と声をかけれられ「ヒメスギです」と答えたところ、「なんだ・・」と言って立ち去っていきました (スギカミキリを期待したのかな・・・) 。それほど、(特に春先の一時期)沢山いるカミキリムシです。