ヒシカミキリ / Microlera ptinoides Bates,1873

2019年6月 神奈川県

体長は3~5.1㎜
分布は北海道、奥尻島、本州、佐渡、粟島、四国、九州、対馬
寄生植物は各種広葉樹となります。ちなみに写真は栗の木です。

地表に落ちた枯れ枝に多いので、この手のカミキリの採集は枯れ枝をネットの上に置いて行うのが常です。
今回、撮影できた理由は、簡単に言えば「栗畑で、枯れ枝など処分されていたから」です。畑、枯れ枝を処分していたわけです。
普通種とはいえ、目視で見つけるのは悩ましいと思っていたのですが、ラッキーでした。