ニイジマチビカミキリ / Egesina (Niijimaia) bifasciana bifasciana Matsushita, 1933

22019年8月 山梨県

体長:3.5~5㎜ 5~8月に北海道、本州、四国、九州にみることができます。
この大きさになると、探して見つかるというより、たまたま、カメラの先に居たという感じです。
寄生植物はクリ、エノキ、クワ、フジなどの広葉樹

ニイジマチビカミキリは2亜種に分類され、写真とは別に「ツシマニイジマチビカミキリ」がいます。
こちらは、対馬のみ生息し、寄生植物は未知とのこと。