トガリバアカネトラカミキリ / Anaglyptus niponensis Bates,1884


2015年4月25日 東京都八王子市

2015年4月28日 東京都町田市

体長は 7.0-11.5mm

4月から6月に見られ、寄主植物はシラカン、スジダイ、ケヤキ、モミなど
北海道、本州、四国、九州に分布します。

花でよく見る事ができます。また、低山地で普通にみられるそうですが、標高1500メートル位まで見られるようです。

いわゆる普通種で、花でも貯木場でもよく見る事ができますし、よく見ると、なかなか、かっこ良くまた、美しいカミキリムシです。もっとも、普通種と言っても、九州では見かけたことがなく、関東で見た時は、それなりに感動しました。