ツヤケシハナカミキリ / Anastrangalia scotodes (Bates,1873)

2018年7月 岐阜県

体長は9.3~13.1㎜
5月から8月にみられます。寄生植物はマツ科及び一部の広葉樹。千島列島、樺太、北海道から九州、屋久島まで分布しています。
普通種で花で見る事が多くあります。「もっとも普通」となっています。
和名の通り、「つや消し」が特徴です。
面白いのは雄は全て黒、雌は黒と暗赤色で、暗赤色と黒の混ざり具合には様々なタイプあります。雄が全て黒・・というのはホルモンバランスの違いというのは嘘ですから・・

ツヤケシハナカミキリ属は世界に10種、日本に3種が分布し、北の「ヨコグロハナカミキリ:北海道、樺太」、南の「カサハラツヤケシハナカミキリ:奄美諸島」全国区の「ツヤケシハナカミキリ」というイメージです。