ヤツボシハナカミキリ / Leptura mimica Bates,1884

2015年 8月12日 長野県松本市
2018年7月 山梨県

体長は12~17㎜

色の変化が面白いカミキリムシという感じです。
ヤツボシハナカミキリ・・と斑紋が怪しく、交雑種の可能性もあるそうです。などど、いわれつつ、現在は、ヤツボシハナカミキリで落ち着きました。
写真は、個人的に典型的と思うものと、少し黒いものを選びましたが、上翅の色目は黒色から黄褐色までさまざまなパターンがあります。掲載するカミキリが頭打ちになったら、撮影できた分の写真を追加したいと思います。

北海道から屋久島まで分布します。
5月から8月まで見る事ができ、寄生植物は、各種針葉樹及び広葉樹です。
普通種と言われていますが、色の変化が大きいので、自分にとっては困ったカミキリムシの一つです。