タケトラカミキリ / Chlorophorus annularis (Fabricius, 1787)

体長 10-15mm

北海道を除き、5月から8月に、ほぼ全国でみられます。普通種という事になっていますが、個人的は、レアです。
小学校の時に採集した記憶がありますが、上翅の模様が面白かったのを覚えています。
それ以降も数える程しかありませんが、寄生植物であるイネ科(名前の通り竹ですが・・)を探せば見つかりやすいのかもしれません。

写真は、ホームセンターで買ってきた葦簀をトラップにして(もしくは潜んでいた?)撮ったものです。


2011年7月15日 東京都八王子市