ジャコウホソハナカミキリ / Mimostrangalia dulcis (Bates, 1884)

産卵の準備中
産卵中 (2017年7月山梨県)

体長 12-19mm

寄生植物はタンノサワフタギ、サクラ類、リョウブなど。成虫は6~8月に見られます。
北海道から九州まで分布するカミキリムシです。

花で見られるとありますが、写真は、産卵にきたものです。
動きが早く、産卵といっても、おちつく様子はなく、複数のタンノサワフタギ(細め)の樹林を巡るように飛んでいました。

よく見ると、準備と産卵を繰り返していました。機会あればももう少し観察したいところです。