クロオオハナカミキリ / Macroleptura thoracica (Creutzer, 1799)

私はセアカハナカミキリと呼んでおりました。 旧名オオクロハナカミキリ

体長 18~30㎜ 7月から8月にみる事ができます。

個人的にはこのカミキリが見つかるとネキがいるような錯覚を覚えるほと、似た環境にいる・・・と経験上感じています。
ハナカミキリの中では大型で上翅の色は写真の黒以外に赤褐色ものものがいます。
個人的な不服を言えば、上翅は、黒と赤があるのであれば、「クロ」なんて名前を付けるのはいかがなものか??
と思いますし、しかも、セアカハナ・・の赤を改訂するのは了としますが、そこでクロ?は、理解に苦しむところです。

ところで、他に「オオハナカミキリ」という上翅が赤いのがいますが、これを「セアカハナカミキリ」として、クロオオハナカミキリは、オオハナカミキリとしたほうが、個人的にはスッキリします。

2016年7月3日 山梨県