キヌツヤハナカミキリ / Corennys sericata Bates, 1884

体長 12-17mm

上翅が朱赤色で、それ以外が黒という、綺麗なカミキリです。
ところが、死んでしまうと、黒ずんで、お世辞にも綺麗な色とは言えなくなります。

花でよく見られますが、個人的には、薄暗い林の中、立ち枯れブナなどに、たたずむのが好きです。

フラッシュで撮ると、赤がつよくなり、それはそれで綺麗ですが、敢えてフラッシュなしのものを掲載しました。

7~8月に全国で見られるようですが、長崎出身の自分にとっては、関東に来て、初めて見る事ができました。

2016年6月26日 山梨県