カラカネハナカミキリ / Gaurotes (Paragaurotes) doris Bates, 1884

体長 8-15mm

上翅の変化が面白いカミキリで緑色~銅緑色~暗赤色と変化があります。

カラカネ・・唐金→青銅からとった名前と思いますが、和名をつけた人の思いもなんとなく分かります。

5月から8月まで見る事ができ、全国に分布しますが、北海道・千島列島のものは亜種になるそうです。

亜種と聞いて、北海道で採集したものはないか・・と探しましたが、(記憶はあるのですが)見当たらなかったので、このサイトでは亜種にしません。

花や倒木、伐採木でよく見る事ができますが、割と元気そうな木の根っこにもいたので写真に撮りました。

不思議なもので、花で見ると可憐な感じを受けるのですが、写真はハンミョウ?と思うような面構えです。


2015年7月28日 山梨県北杜市