カッコウカミキリ / Miccolamia (Miccolamia) cleroides Bates, 1884

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体長 3.5-5㎜ 
なかなか良いカミキリです。

形もなかなか、「よろしい」感じのカミキリです。問題は、薄暗い森の中でルッキングで探すのは・・まさに偶然で、見つけようとして見つかるものではありません。
見つけたカミキリは、ダニに覆われていましたが、それでも動きは速く、ピントが今ひとつでした。

5月から10月にみる事ができ、寄生植物は、エゾマツ、サツナシ、ツルメモドキ科。北海道、本州、四国、九州;千島列島に分布します。

カッコウカミキリ属としてはインドシナ、中国、台湾、日本にかけて15種ほどいるそうですが、日本にはカッコウカミキリ亜属とチビコブカミキリ亜属が分布します。

2017年5月 山梨県