アトジロサビカミキリ Pterolophia (Pterolophia) zonata (Bates,1873)

2018年5月 神奈川県

体長 7~11㎜ 4月から8月にみる事ができます。
2018年5月 神奈川県

写真ではわかり辛いですが、名前の通り、上翅中央後方から灰白色の太い帯がみられます。

きわめて普通種ですが、写真撮影は大変です。採集なら、いわゆるビーティングネットで簡単です。
けれど、目視で探そうとすると、見つけても「蚊」の大群に襲われます。
生息地が、平地の藪の中・・・であり、そもそも普通種だと気持が弱くなり、蚊の大群の前に、退散する事が多いです。珍品なら大概の事は忘れてできるのですが・・シャターを持つ手に蚊がたかっていく様は、ゾッとします。
写真は大きさが分かるようにアリと一緒のものを選びました。

寄生植物は、各種の広葉樹、針葉樹となっており、寄生植物の汎用性で、北海道から九州、屋久島まで見る事が出来るようです。