「定家」という能と新刊の紹介

「定家」という能があります。

男と女が忍ぶ恋に落ちる。よくある話ですが、女はあっけなく亡くなり、忘れきれない男の心が「葛」となって、女の墓にからみつき、離れない。

一人の僧が雨宿りをしていると、その女の霊が現れて、回向を頼み、舞をまって、また、墓の中へ戻っていく・・葛に抱きしめられた墓の中へ・・・

定家は「藤原の定家」、新古今和歌集の歌人で、女は式子内親王。

ここだけを見れば、定家の歌は、そんなのばかりか・・・と誤解を受けそうですが、そん事はありません。

学校の教科書に出てくるような優れた歌が、ごく普通に沢山残っています。

歌は短いですから、できれば、シングルモルトをロックで、しみじみと感傷してみる夜もあってもいいかもしれません。

もっとも、ロートルのように、感傷の前に眠ってしまうかもしれませんが、それはそれで良いものだと思います。

そんな能になるような感情の濃い(恋い)定家の和歌集を親友が電子書籍化したので紹介します。

>> やまとうえeブックス

1227teika

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ソーシャル

このページの先頭へ