ヤマトキモンハナカミキリ / Judolia japonica (Tamanuki, 1942)

産卵中
2015年7月 山梨県 
2016年7月 山梨県

体長 9ー11mm

6月から7月にみる事ができ、北海道から九州にかけて分布し、寄主植物はクリ、ミズナラ、コナラです。

花で見かける事が多いのですが、せっかくなので、立ち枯れで撮ったものを掲載します。雰囲気が全然違っている印象を受けるのは私だけかもしれません。

立ち枯れの暗い感じの木肌に小さな黄色の点・・は案外、目立つ感じで、木と同化するような他のカミキリムシと比べると見つけやすくはありますが、見つけた後の撮影は動きが激しく結構、大変です。