ヒメスジシロカミキリ / Heteroglenea glechoma (Pascoe,1867)

2018年4月 西表島

体長 7-10㎜ 4から6月にみる事ができます。

寄生植物はオオハマボウ(アオイ科フヨウ属)
先島諸島(石垣島、西表島、波照間島)に分布します。

実は、海を背景に寄生植物であるオオハマボウの葉の上で風にそよぐ姿をかっこよく撮るつもり・・が、旨くいかず、翌日もチャレンジしたのですが、姿が見えず・・・よくある話ですが・・・
今後、海岸林が減少した場合、珍しくなる可能性があるそうです。西表島は遠いですし・・次のチャンスは少ないと思うと、もっと粘って撮影すれば良かったと思います。

ところで「ヒメ」の接頭語ですが、当然、奄美諸島などにいるスジシロカミキリの少し小型という感じで「ヒメ」となっているようです。