ヒトオビアラゲカミキリ / Rhopaloscelis unifasciatus Blessig,1873

2019年6月 静岡県
2019年7月 山梨県

体長 5.5-9mm
成虫は4月から7月にみる事ができます。

寄生植物:ヤナギ類、オニグルミ、イヌシデ、ヤブニッケイ、サンショウ、フジ
分布は北海道、本州、伊豆諸島(大島)、隠岐、四国、九州、対馬、種子島、屋久島;千島列島、朝鮮半島、中国、東シベリア
枯枝に潜む姿がよく見られますが、肉眼で探すのは、結構つらいものです。
寄生植物内で秋に羽化。寄生植物内で越冬して翌年、新成虫として外に出てくるそうです。

名前の由来は、帯が1つあるので一つの帯の荒い毛のカミキリムシと容易に想像できそうです。

樹皮を後食する少し、面白い性格のカミキリムシです。

オビアラゲカミキリ属