ナガバヒメハナカミキリ / Pidonia (Pidonia) signifera (Bates, 1884)

体長は7.0-11.5mm

5月から7月に本州~九州で見られ、寄生植物はシデ類(カバノキ科)

いわゆる普通種で片付けられるピドニアですが、地域による差があり、DNA上でもいくつかの集団に分けられるそうです。将来、DNAで分類されるようになると、名前の横に(関東西部)とか地名付きでラベリングされるようになるかもしれません。・・・和名まで変えると、当方の撮影対象が広がりますので、御免被りたいところです。

そんなわけで写真は、横から・・・将来、上翅の模様で分類されると困るので

2015年6月16日 東京都西多摩郡檜原村