トラフカミキリ / Xylotrechus chinensis chinensis (Chevrolat, 1852)

体長は17~26ミリ程度。

「畑」のカミキリムシの印象が強くあります。
とはいえ、以前は桑畑に行けば見かけたものでしたが、最近はその桑畑が少なくなり、見かけなくなりました。

成虫は7月から9月まで見る事ができ、寄生植物は、クワ、ヤマグワ で、ほぼ、全国でみる事ができるようです。
「クワ」といえば、キボシカミキリも同じような感じですが、キボシカミキリのように地域によって種が分かれる事もなく、北海道産も沖縄産も同じ・・のようです。

今回はたまたま、ヤマグワにカブトムシが止まっていて、こんなところに・・と思って、いると、キボシカミキリが居て、その下のほうに、居たものです。

2014年7月15日山梨県北杜市明野町