アオカミキリ Schwarzerium quadricolle (Bates, 1884)

2018年7月 岐阜県

体長 12~30㎜ 6月から8月にみる事ができます。

なかなか良いカミキリムシで、個人的には正統派に思える雰囲気をもっています。
深緑色から青緑~赤みのあるものまで色の変化があるようですが、ミドリカミキリと同じような感じです。

最初に見たときは、こんなキラキラのカミキリがいるもんだと感動しました。
個人的には、なぜか縁のある虫で、よく見かける不思議なカミキリムシの一つです。

ベテランの虫屋になると、カエデの木を見て、いるな・・と分かるようで簡単に採集されるようですが、小生は、なぜかいつも花で見つけます。
昔・・間違いと思いますが、植木屋のイロハモミジでムラサキ??を見たような・・
万が一、そうだとすると、九州から持ち込んだものだろう・・と今では合点しているところです。
あるいは、光の加減と、気持ちの問題で強引にムラサキに錯視したかもしれません。
そんな事を言いつつも、今もそうですが、実際には採集していないのですから気楽なものです。

寄生植物は、イタヤカエデ、イロハモミジなどで、北海道から九州まで見る事が出来ます。