また来年がやってくる

たとえば・・・こんな言葉を聞いたり、書いたりするのが年末です

====

年末のご挨拶

2014年末
本年は大変お世話になりました。
ドタバタしながら、なんとか歩かせてもらえる。こんなうれしい事はありません。
また、次の「一年」です。
来年も宜しくお願いします。

=====

ロートルは、「来年」という言葉が好きです。

一年間の様々な事が、ここでリセットして、新たな気分になります。

もちろん、そんな事は錯覚で、税金の支払い期日はやってくるし、家賃の支払いも、いつも通りで変わる事はありません。

ところがテレビは特番ばかりになり、実は、毎年の「連ドラ」と思えるような同じ内容の「特番」であっても、いつのまにか、紅白と同じように、年末を感じさせてくれます。

そういった様々な事象が自分自身を「来年」へと送り出してくれる感覚です。

そして、一年を振り返って、「今年は・・」「来年は・・」と思います。

もちろん、ロートルとなれば、それは一時的なもので、習慣という恐るべき麻薬には勝てないと解った上で、それでも、「今年は」とか、「来年は」と考える事ができます。

さて、来年も宜しくお願い申し上げます。

am100_pl009

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ソーシャル

このページの先頭へ